便秘 下剤に頼らない

便秘は下剤を頼らないほうがいい?



便秘が続いてるけどなかなか治らない場合に下剤に頼る方は多いのではないでしょうか。苦しいだけでなく、お腹が張ったり、肌の状態が悪くなりやすいので1日でも早く便秘を解消したいですよね。

便秘をすぐに解消する方法として下剤があります。あまりに症状がひどい場合には、下剤を使うのもいいですが、頻繁に使ってるとくせになってしまうので注意が必要です。使い続けてると薬なしでは便通がなくなってしまったり、便秘と下痢を交互に繰り返して状態が悪化しやすくなります。

市販薬もたくさんありますが、基本的には最小量を目安にして、規定の用量をしっかりと守るようにしましょう。こうした薬を飲んでも根本的な体質改善をしないとまた便秘になりやすいので薬に頼らずに治していきましょう。

  

下剤に頼らず便秘を解消するには


便秘の原因を把握してそうした原因を取り除くことが大事です。便秘になりやすいのは運動不足や生活習慣の影響が大きいです。ストレスや睡眠不足、過度なダイエットによる栄養不足、水分不足などがあります。

まずはこうした生活習慣があれば見直して、便秘になりやすいと思われる習慣をやめて、健康的な生活をおくることが重要です。

ストレスによる自律神経の乱れは、腸の運動を弱らせ排便がしにくくなります。寝不足も自律神経を乱して腸の活動を悪くしますので、こうしたストレスや寝不足に注意です。日中に体を動かす運動をすることで体も鍛えられて自律神経も安定しやすくなり、深い眠りにつきやすくなります。

ほかには食物繊維と水分をしっかり摂取するのが大事です。食物繊維をしっかりととることで不要物や老廃物が吸着してそこに水分が含まれることで便のカサがまして、健康的に柔らかい便ができます。

また腸内環境を改善するために乳酸菌や発酵食品を食べるのも有効です。オリゴ糖も摂取すると腸内環境を改善できますので効果が高いです。


こうした体質の改善をしてもなかなか便秘の症状が改善しない場合には病院を受診したほうがいいです。便秘の原因がほかの病気であることもありますのでまずは消化器内科を受診してみましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。