音楽を聞いて便秘を解消できる?本当に効果ある?何の音楽がいい?

便秘と音楽の関係


音楽を聞いて便秘が治るというのはちょっと胡散臭いと感じるかたも多いのではないでしょうか。音楽にそんな効果があるのか疑問をもつ方もいるかもしれませんが、実際に音楽療法というのがあって効果をあげています。

音楽療法はいろいろな研究がなされていて、実際に音楽を聞くことで便秘が改善したという方もたくさんいます。

身体の細胞や各器官は固有の周波数をもっていて、そこに音楽による特殊な周波数による振動を与えることで自然治癒力を高めることができ、便秘の解消にもつながります。

音楽療法による便秘への効果



便秘にはいろんな原因がありますが、ストレスの影響も大きいと言われています。過度なストレスがあることで自律神経が乱れてしまい、内臓器官の不調引き起こされることで便秘になりやすくなってしまうわけです。

こうした自律神経の乱れを改善する上で効果的なのが音楽療法です。

音楽を聞くことで自律神経が整い、それによって腸の蠕動運動が活発になって、便秘も解消しやすくなるというわけです。ストレス以外の原因の場合にはあんまり効果がないかもしれませんが、生活習慣などを改善してもなかなか便秘が解消しないかたは試してみる価値はあると思います。

便秘解消にはどんな音楽がいい?


音楽といってもいろんなジャンルがありますが、どれがいいのでしょうか。多くの方が予想することだと思いますが、やっぱり「クラッシック」がいいようです。

ネットで検索したところ、

モーツアルトの「メヌエット」、ショパンの「マズルカ舞曲」、シュトラウスの「ウィーンの森物語」などが特に便秘の解消にいいみたいです。

特にモーツアルトの曲はリラックス効果が高いと言われています。

ほかにはスローテンポのヒーリング曲とかもいいみたいです。ヒーリングやリラクゼーションの曲はいろいろありますので、いろんなCDを試してみて自分の好みに合った曲を見つけるといいかもしれませんね。

いまはYou Tubeとかでただでいろんなリラックス音楽を探すこともできますので、そうしたものを参考にしつつ、自分にあった曲をみつけていきましょう。

どうやって音楽を聞くのがいい?


あんまり長時間に音楽をかけ続けないほうがいいようです。ずっと聞き続けることでエネルギーが溜まりすぎて不調になることもあるようです。

朝と夜に1度づつ聞くのがいいようです。じっくり集中して音楽を聞く必要はなく、家事とか食事とかしながらやるのもいいみたいですね。

すぐに効果がでるわけではなく、効果の有無は個人差があるようなので、あまり即効性は期待しないほうがいいかもしれませんね。あまり過度な期待はせずに、軽い気持ちで初めてみるといいかもしれませんよ。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。