便秘改善のための生活習慣、食生活のポイント




便秘解消


便秘で悩む人にとっては、なんとかして便秘を解消したいという強い思いがあると思います。おなかが貼って苦しくなったり、肌あれもひどくなったりで、体調面にも大きな悪影響がありますので何とかしたいところですよね。

どういった病気であれ、改善するためにはその原因をしっかりと把握する必要があるのではないかと思います。便秘の場合、日常生活の改善が解消法としては一番です。

食生活の見直し、適度な運動、ストレスの解消などなどで自分の体質を改善するのが解消に最も効果的だと考えられます。

とはいっても今現在便秘で苦しんでいるという場合は、そんなに悠長なことをいっていられないと思いますし、すぐに楽になりたいというかたも多いと思います。そんな方には、便秘薬の利用も有効な手段かと思います。

便秘薬


慢性的な便秘に悩む人で、便秘薬をよく使用するという人も多いと思います。便秘薬は苦しい時にすぐにでるので便利で使いやすいですが、気を付けなければならないことがあります。

それは、用量をしっかりと守るということです。

市販のものの多くは大腸を刺激するタイプのもので長期間使用を続けていると便意を感じなくなり、腸の収縮がうまく起こらなくなってしまうということもあります。

薬が効きにくくなってしまうとどうしても用量を増やしがちになってしまいますが、適量をしっかりと守って使うようにしましょう。効果があまりない場合には、その薬が自分に合っていないかもしれませんので、医師や薬剤師の方に相談してみましょう。

薬の大量摂取は身体面にさまざまな悪影響を及ぼしますので、絶対にしないようにしましょう。

薬の使用が常態化、習慣化している場合には、一度病院等で検査してもらったほうがいいかもしれませんね。便秘外来や消化器内科などを受診することであなたの便秘に適した薬を処方してくれたり、治療をしてくれます。

便秘に効く食べ物


薬には弊害がありますので、自然に排便するのが理想です。そのためにはやはり食生活の改善が最も有効だといえます。便秘に効く食べ物としては、次のようなものがあります。

果物
アボカド、ブルーベリー、キウイフルーツ、バナナ、りんご、いちごなど

野菜
オクラ、ぶなしめじ、ごぼう、白菜、キャベツ、さつまいもなど
モロヘイヤ、ほうれん草、かぼちゃ、にんにく、芽キャベツ、なの花、
干ぴょう


穀類・その他
玄米、納豆、大豆、豆類、おから、きのこ類、
大麦、ごぼう、らっきょう、、
なめこ、わさび漬け、こんにゃく、ワカメ、昆布、もずく


健康食品等
青汁、大麦若葉、梅肉エキス、オリゴ糖、ビフィズス菌、ヨーグルト


仕事などで忙しいとどうしても食事を外食で済ましたり、手軽なもので妥協してしまうことも少なくないと思います。しかし、栄養バランスを考えずに好きなものだけ食べてしまっていると栄養が偏り便秘にもなりやすくなってしまいます。

一気に変えるのは難しいと思いますので、すこしづつ変えるのがいいかと思います。たとえば、毎日、青汁を飲むようにしたりするだけでも変わってくるのではないでしょうか。

健康であってこその仕事ですし、健康だからこそ仕事の能率も上がっていくのではないでしょうか。食生活の改善はほかの病気の予防にもなりますので、将来的なことを考えて少しづつ改善したいところですね。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。