便秘の原因はなに?

便秘 原因


どうして便秘になってしまうのか



便秘に悩んでるかたはたくさんいらっしゃると思います。一言で便秘と言っても症状の重さや状態は違っていて、原因についても人それぞれです。

一般的に原因として多いと言われるのは、運動不足、食生活の偏り、ストレスです。生活習慣が不規則てあったりすると、自律神経の交感神経や副交感神経などが乱れて内臓機能が低下して便秘になりやすくなります。

・不規則な生活
女性の場合、不規則な生活をしてるとホルモンバランスが乱れやすくなりますが、このホルモンバランスが影響することもあります。排卵後や生理前というのは黄体ホルモンが分泌され、これが腸の蠕動運動を抑制してしまうので便秘になりやすくなります。

・筋力の低下、運動不足
ほかにも女性は腹筋が弱い方が多く、排便のときにいきむ力がよわくて便秘になることもあります。高齢者の便秘もこういった原因で起こりやすくなっています。

あとは運動不足だと排便に必要な筋力が低下しやすくなります。運動は自律神経を整える働きもあるので運動不足だと自律神経が乱れて腸の機能が低下して便秘になりやすくなります。

基礎代謝が悪くて血行が良くなく冷え性気味の方も便秘になりやすくなるので注意が必要です。

・偏った食事
食生活の偏りも大きいです。食物繊維が不足すると便が固くなりやすくなって便秘になりやすくなります。食物繊維は第6の栄養素とも言われていて重要な栄養素です。野菜を食べないと不足しやすくなるので、根菜類や海藻類をしっかり食べる必要があります。

・便秘を我慢することが多い
便秘を我慢してしまうと便秘がしやすくなります。高齢者や女性に多いと言われています。トイレに行くのが億劫だったり、長くトイレにいくと恥ずかしいとの思いでいくのを我慢してると便秘を感じにくくなり、便秘になりやすいです。


まずは自分の生活習慣を振り返ってみて上であげたようなことがないか確認してみましょう。そうしたらその部分を少しづつでも改善していきましょう。

また、時間に余裕があるのであれば病院に相談するのもいいと思います。消化器内科などで正確な診断を受けておくことでアドバイスをもらえたり、適切な治療をすすめていくことができるはずです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。