便秘薬

便秘薬の注意点



薬は強力で便秘も解消しやすい方法だど言えますが、便秘薬に頼り過ぎるのもよくありません。こういった薬には依存性がありますので、使い続けていくうちに便秘薬がなければ排便できないような身体になってしまいます。

どうしてもお腹が張ってくるしいという時には使うのも一つの手ですが、日常的な使用については控えるようにしたほうがいいといえます。使う場合には説明書に書いてる適量を守って使うようにしましょう。効果が出ない場合には、容量を増やすのではなく、作用の強いものを使うようにしましょう。

便秘薬はすべての種類の便秘に効果があるというわけではありません。便秘にはいくつか種類があり、種類によってはあまり便秘薬の効果が期待できません。便秘と下痢がくりかえるタイプのけいれん性便秘というのがあります。主にストレスが原因でなる便秘でこのけいれん性便秘の場合は腸の働きが過敏になっている状態なので市販の便秘薬は飲まないほうがよく、病院に行き、医師に処方された薬を飲んだほうがいいです。

便秘薬の種類


便秘薬の下剤にはいくつか種類があり、症状にあわせて飲むことが大事です。大きく分けると整腸剤と緩下剤があります。整腸剤は腸内の環境を整える薬で新ビオフェルミンやミヤリサンアイジがあります。緩下剤には腸を刺激する作用の強い薬と便を柔らかくする作用の薬に分けられます。

【腸を刺激する薬】
・刺激性下剤
腸を直接刺激して蠕動運動を活発にさせて排便を促します。大腸への刺激が強いため腹痛を引き起こす可能性があります。比較的作用が強く、無理やり腸に刺激が与えられるので、頻繁に使うリスクがあります。使いすぎると刺激に鈍感になり通常の便意を感じにくくなって、薬がないとで便がでない体になりやすいです。

・浣腸剤
肛門から挿入して腸を刺激する薬です。イチジク浣腸などがあります。

【便を柔らかくする】
・塩類下剤
腸から水分を引き出すことで便に水を吸収させて排便しやすくします。便に水が吸収されることでやわらかくなって排便がスムーズにいきやすくなります。多めに水分をとると効果的です。長期間使用しても依存しにくく、高齢者、子どもでも問題なく使えます。代表的なものとしてミルマグ液があります。

・膨張性下剤
腸の内容物を増大させること便のかさを増やして排便を促します。服用後12時間くらいかかり、即効性はありませんが、自然排便に近く、負担も少ないです。長期間飲んでいてもくせになりにくいです。代表的なものとしてはサトラックスなどがあります。


薬は夜、寝る前に水分を十分とって飲むと翌朝、便意がきやすくなります。薬に頼りすぎないように運動や食生活の改善などもあわせて行っていきましょう。薬がないと全然でないという場合には、便秘外来を受診するのもいいと思います。適切な診断と治療を受けることで便秘の解消につながるはずです。








コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。