便秘解消

便秘 解消 方法



便秘はお腹が苦しいですし、いろんな病気やトラブルも引き起こしやすくしますので早く解消したいですよね。便秘は放置しておくと症状が悪化しやすいですし、適切に対処するのが大事です。便秘を解消するためにはまずは自分の便秘の原因というのを
知ることが大切になってきます。

原因を取り除くことなく、便秘薬に頼る方も多いですが、こうした薬に頼っていても根本的な解決にはつながらず、同じことの繰り返しになってしまいます。薬を習慣的に飲むことで効きが悪くなり、依存しやすくなるので注意が必要です。

便秘になる方は便秘になりやすい生活習慣をしているのでまずはこうした生活習慣を改める必要があります。今回は気をつけるべき生活習慣をご紹介します。

・過剰なストレス
ある程度のストレスや緊張感はあったほうがメリハリがついて健康的に生活をおくれますが、過剰なストレスは注意です。ストレスがあると自律神経が乱れやすくなり、内臓器官の不調を起こしやすくります。胃腸の働きが悪くなり、消化がうまくできなくなったりして、便が詰まりやすくなってしまいます。便秘と下痢が交互に繰り返したり、激しい腹痛にもなりやすいです。

ストレスは自覚している時と自覚していないときがあります。自分でも知らないうちにストレスが貯まってしまっていることもあるので意識してストレスを解消するのが大事です。体を動かしたり趣味で発散することで解消できることが多いので運動したり、散歩するのも有効です。

・運動不足
いろんなものが便利になっていて、慢性的に運動不足になっている方は多いですが、この運動不足も便秘になりやすくする生活習慣です。女性の場合、腹筋が弱い方が多いですが、腹筋が弱いと排便の際にいきむことができず、便秘になりやすくなってしまいます。

運動はストレスの解消や自律神経の安定にもつながりますので、運動が不足することでストレスが溜まりやすくなっていることも考えられます。ウォーキングなどで体を動かすことで自律神経が安定して、ストレスの解消にもつながるので便秘の改善、予防にもなります。

・睡眠不足
寝不足だと便が十分作られず、便秘になりやすいです。便はリラックスした時、つまり睡眠時に作られますので睡眠が不足していると便ができにくくなってしまいます。十分な睡眠がとれないと肌の状態も悪化しますし、不健康で元気がなくなり、ストレスも溜まりますのでどんどん体の調子が悪化しやすくなります。

・食生活の偏り
無理なダイエットをしていたり、甘いものの食べ過ぎ、肉食中心の食生活などをしていると便秘になりやすいです。便秘解消のために大事なのは食物繊維ですが、野菜をあまり食べない方が多く、食物繊維が不足している方が多いです。食物繊維はカサのある便を作る上で必要不可欠であり、食物繊維をしっかり摂取することでカサのあるやわらかい便が作られます。コロコロして小さい便しかでない方は食物繊維が不足していると考えられるので食物繊維豊富な食材を積極的に摂取しましょう。


まずはこうした生活習慣を改善していくことが大事です。いきなりガラッとかえるのは難しいと思いますのでできることから変えていくようにしましょう。乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖など便秘に効果があるという栄養素も積極的に摂取するようにしたいですね。

あまりにひどい便秘が続く場合には他の病気が原因で便秘になってしまってるということもあります。この場合には一度病院で診断してもらいましょう。消化器内科を受診すると適切なアドバイスや処置をしてくれるはずです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。